報道・お知らせ

北海道開発局 平成27年度工事成績優秀企業認定

平成27年7月24日
  北海道開発局より平成27年度工事成績優秀企業の認定を受けました。
 北海道開発局発注で過去2ヶ年度内に完成した土木工事において、工事成績の平均点が一定以上になった企業を「工事成績優秀企業」として認定する制度です。認定された企業は今後1年間にわたり「認定ロゴマーク」を用いて対外的にアピールすることを許可されます。また、施工工事の中間技術検査の減免措置、総合評価落札方式の入札で評価項目として活用される場合がある等のメリットが付与されます。
 弊社と致しましては、来年度以降も継続的に優秀認定を受けられるように、より着実な施工を心掛けて参ります。

認定書イメージ

十勝川イカダ下り ギネス認定

平成25年10月23日
  平成25年7月7日に行われた十勝川イカダ下り(十勝川イカダ下り実行委員会主催)の結果がギネスの認定を受けました。60艇を連結したイカダの全長は133.27mにも及び、そのまま十勝川を1700m流下したという記録が認められたものです。
 弊社社員も数ヶ月前の準備段階から参加し、当日もイカダに乗って記録達成の瞬間を味わうことができました。記録に挑戦する行為からは業務とは違った緊張感と充足感を得られたそうです。

 このような機会を与えていただいた関係者各位にあらためて御礼申し上げます。

ギネス認定書写真
ギネス認定書 (クリックで拡大表示します)

氷灯夜です

平成24年2月14日
  『氷灯夜』が開催されました。
寒さが弱まり穏やかな天候ということもあり、今年も大勢のお客様が来場され大賑わいでした。

弊社が制作しているかまくらは、年を追うごとにこだわる部分が増えています。今年は出口にもこだわってみました。気付いてもらえましたか?

かまくら内部写真
かまくらと見晴台写真
柔らかな光にかまくらが浮かび上がります。
暖をとる方で? いつも満員です。

見晴台からの眺め"
花火と『絆』の文字
見晴台からは会場全体を見渡せます。
『絆』

かまくらと見晴台写真
制作メンバー
完成直後です。
制作メンバー(一部)です。

平成23年度 北海道開発局優良工事等 部長表彰を受賞

平成23年7月22日
  平成22年度施工の 『十勝川改修工事の内 東帯広築堤堤防保護工事』 が、平成23年度北海道開発局優良工事等として、帯広開発建設部 部長表彰を受賞しました。
 7月22日に開かれた表彰式で、帯広開発建設部部長 大内様より賞状が授与され、お言葉をいただきました。
 これからも本受賞に慢心することなく、地域の皆様に満足・安心していただけるよう、業務に邁進して参ります。

 工事の概要はこちらをご覧下さい。

氷灯夜開催

平成23年2月14日
  『氷灯夜』が開催されました。
天候にも恵まれたため、平日にもかかわらずたくさんのお客様が来場され、大盛況でした。

 かまくら造りは、弊社の年中行事の一つとして定着してきました。職員も、前年より良いものを、お客様に喜んでいただけるものを、をモットーに楽しみながら取り組んでいます。 

かまくらの前で写真
仲良く記念写真

かまくら写真
かまくら内部写真
かまくらがキャンドルライトに浮かび上がります。
メッセージカードのお願い、叶うといいですね。

平成23年氷灯夜に向けてかまくら造り

平成23年2月10日
  芽室町観光協会主催による『氷灯夜』が今年も2月14日に開催されます。「かまくら」と「見晴台」の製作も3回目となり、要領よく進められました。そのため細部の仕上げを少しだけ丁寧にできたのですが、気付いてもらえるでしょうか。
フェスティバル前日の天候はどうやら荒れ模様。当日は風が強くならないよう祈るばかりです。

かまくら完成写真
整形作業写真
仕上げは総掛かりで行います。
完成です。今年は出口も作りました。

平成22年度 北海道開発局優良工事等 部長表彰を受賞

平成22年7月21日
  平成21年度施工の 『一般国道274号士幌町 士幌大橋下部工事』 が、平成22年度北海道開発局優良工事等として、帯広開発建設部 部長表彰を受賞しました。  7月21日に開かれました表彰式で、鎌田部長より賞状が授与されました。
 当社施工工事が様々な面で評価されたことは、社員・関連会社が北海道開発事業に携わっていく上で、ますますの励みになることと思います。

 工事の概要はこちらをご覧下さい。

部長表彰 集合写真

芽室町施設の立木の枝払い作業を行いました。

平成22年5月31日
 地域貢献の一環として、5月24日から31日にかけて、芽室町の施設(ポンプ場・浄水場等)の立木の枝払いを行いました。手入れのしづらい場所や電線にかかる枝を払い、見通しや日当たりも良くなりました。

立木の枝払い作業写真
立木の枝払い作業写真

平成22年も『氷灯夜』をお手伝いします。

平成22年2月14日
  2月14日、『氷灯夜』が開催されました。今年は天候にも恵まれ、たくさんの方が来場されました。弊社が製作した「かまくら」も大盛況、全てのキャンドルに灯が灯った会場は、「見晴台」から見渡すと幻想的ですらありました。皆さんとても満足されている様子でした。

見晴台からの眺望写真
見晴台からの眺望

かまくらの外観写真
かまくら内部の写真
かまくらも幻想的です。
カップルや小さなお子様は大喜びです。

平成22年2月10日
   来る2月14日、芽室町観光協会主催による『氷灯夜』が芽室公園で開催されます。その準備として、8日から10日にかけて「かまくら」と「見晴台」を製作しました。会場の都合で、「かまくら」は昨年より一回り小さくなりましたが、その分心を込めて作りました。
 当日はスノーブライダルショーやハンドベル演奏も予定されていて、とても素敵な夜になりそうです。

ミニショベルによる掘り出し作業写真
手作業での掘り出し写真
ミニショベルで大まかに掘り進みます。
細かいところはスコップを持って削ります。
見晴台製作作業写真
仕上げ作業
見晴台もショベルと人力で仕上げます。
みんなで仕上げ作業
集合写真
かまくら・見晴台完成写真
集合写真
完成です。心を込めて作りました。

芽室町施設の排雪を行いました。

平成22年1月27日
 芽室町中央公民館並びに公立病院駐車場の排雪作業を行いました。
 大小タイヤショベル並びに10tダンプも利用し、大きなな雪山もきれいになくなりました。駐車場も以前のように広く使えるようになりました。

 北海道通信掲載記事はこちら

タイヤショベルによる排雪作業写真
排雪完了<公立病院駐車場>

平成21年度 北海道開発局優良工事等 部長表彰を受賞

平成21年7月30日
  平成20年度施工の 『十勝川改修工事の内 東音更築堤外工事』 が、平成21年度北海道開発局優良工事等として、帯広開発建設部 部長表彰を受賞しました。  同部庁舎内で行われた表彰式では、鎌田部長より表彰状が手渡され、お言葉をいただきました。
 今回の受賞に際しまして、施工中ご協力いただきました関係者の皆様、並びに工事周辺にお住まいの方々にあらためて御礼申し上げます。弊社では今後も、北海道開発事業の推進と技術の向上に全力で取り組んでいく所存です。

 工事の概要はこちらをご覧下さい。

部長表彰 集合写真

粒状ライム 『北海道リサイクル製品』に認定

平成21年3月26日
 弊社取り扱い商品「粒状ライム」が、『北海道リサイクル製品』の認定〔循環第1904号(平成24年2月 第120−2号に変更)〕を受けました。

 『北海道リサイクル製品』認定制度とは
 道内で発生した循環資源を利用し、道内で製造された一定の基準を満たすリサイクル製品を北海道が認定し、PRを行うなどしてリサイクル製品の利用を促進する制度です。
 詳しくは北海道のホームページをご覧下さい。

北海道認定リサイクル製品マーク

芽室町から感謝状の贈呈

平成21年3月19日
  芽室町役場において、宮西義憲町長から感謝状を受領しました。
これは『氷灯夜』での巨大かまくらの製作および会場の除雪、芽室町施設周辺の除排雪作業等に対して贈られたものということでした。今後も地域への関わりを大切にしていこうと、社員一同あらためて感じています。

感謝状贈呈式写真

『氷灯夜』の会場設営に参加しました。

平成21年2月14日
  芽室町観光協会主催による 『氷灯夜』が町多目的広場で開催されました。前日からの大雪や開催中の強風にもかかわらず、多くのお客様にご来場いただき、誠にありがとうございました。
 弊社も巨大かまくらの製作、アイスキャンドル設置、会場周辺の除雪等に参加させていただきました。特に「かまくら」ではお客様の喜びの声を生で聞くことができ、次はもっと趣向を凝らしたものが作りたいという声も上がっています。

 北海道通信 掲載記事はこちら

会場全景写真
氷灯夜モニュメント写真
氷灯夜 雪のモニュメント
ステージで結婚式を挙げられたカップルも。
かまくら内観写真
かまくら外観写真
巨大かまくらも大盛況でした。
中はとても暖かく、「照明もきれい」との声も。
アイスキャンドル設置写真
かまくら完成写真
アイスキャンドルの設置は効率よく。
完成したかまくらを背景に。

芽室町農協主催 『粒状ライム』の試験散布が行われました。

平成20年7月10日
 芽室町農協主催による 『粒状ライム』 の試験散布が行われました。芽室町農協、日本甜菜製糖芽室製糖所、および牧草地を提供してくださいました農家の皆様を合わせ、約30人の方々にお集まりいただきました。
 『粒状ライム』の散布は一般的に利用されているブロードキャスター、ライムソワーを使用ました。農協及び農家の方々には、「生産コストの低減に期待できる」、「手持ちの機械でも問題なく作業ができそうだ」との評価をいただきました。また、日本甜菜製糖様からは、ライムケーキの有効利用推進を歓迎するとの心強い言葉をいただきました。
 弊社は、もっと生産者の皆様に喜んでいただける、よりよい製品づくりを心がけていきます。

 北海道新聞・十勝毎日新聞 掲載記事はこちら

芽室町農協様のご挨拶
散布に使用したブロードキャスター
芽室町農協様のご挨拶。
散布にはブロードキャスターを使用しました。
『粒状ライム』の投入
『粒状ライム』撒布状況
粒状ライム(粒径2〜8mm)を投入します。
散布も他の粒状肥料と変わりなく行えます。
粒子分布の確認
30ヘクタールの牧草地に10トンの散布
散布された粒子の分布状況を確認しています。
30haの牧草地に10tの散布を行いました。

『新商品トライアル制度』の認定を受けました。

平成19年4月12日
  弊社取り扱い商品「粒状ライム」が、北海道経済部所管の『新商品トライアル制度』の認定を受けました。

 『新商品トライアル制度』とは
 「新商品の生産により新しい事業分野(市場)の開拓を図る道内中小企業等」を知事が認定し、当該企業の新商品を随意契約制度等の活用で購入することにより、新商品の販路開拓を支援する制度です。

『新分野進出優良建設企業表彰』を受賞しました。

平成19年1月22日
  北海道庁において新分野進出優良建設企業表彰式が行われました。近藤光雄副知事より受賞企業の代表者へ表彰状が手渡しされ、祝辞をいただきました。
 北海道経済部が所管する本表彰は、建設業者の新分野への取り組みとして、雇用創出効果・模範性・地域貢献性・技術の有効活用・事業の将来性の5項目を審査、選出されます。今年度から創設され、応募総数72社中、17社が選出されました。
 弊社では、平成12年から行っているライムケーキの有効利用が高く評価されたことに感謝するとともに、多くの企業の模範となるよう、事業発展のため努力していく所存です。

 北海道通信掲載記事はこちら

副知事からの賞状授与
受賞者集合写真

Special Contents

Products

当社製品のご案内

Access to Information

廃掃法に基づく情報の公開

Industrial Safety and Health

安全への取り組み